ZenFone5の後継機となるZenFone2 laser

シリーズの最新モデルとなるZenFone2 laserは、コスパの良さと使いやすさで人気を博したZenFone5の後継機となります。

元々デキで良かった機種を進化させているので、

5インチのAndroidでは、間違いなくオススメです。

実際、価格.comの”スマートフォン人気ランキング“でも、大手キャリアのスマホに混じり上位にランキングされているほど。(SIMフリースマホの中では1位)

まずは、ZenFone5を知らない方のために、その特徴をザックリ紹介します。

5インチと少し大きめながら、持ちやすい背面が丸くなったデザイン。
肝心の性能は、レスポンスもよく、動作も快適とユーザーからも高評価を得ています。

また、日本語入力ソフトATOKを標準搭載しており、海外製品にありがちな誤変換がありません。
ここも魅力といえるでしょう。

個人的には、クイック設定パネルがお気に入り。
とにかく使いやすく、Wi-FiやBlutetoothのON/OFFも簡単にできて重宝します。

最新機種であるZenFone2 laserは、このZenFone5の良さを崩さないようにバランスよく改良された機種となっています。

【このスマホを提供するDMMmobileについてはこちら】

ZenFone2 Laser
カラー:ブラック/ホワイト/レッド
端末代:31,112円(1,297円×24回)

【スペック】

OS Android 5.0.2
サイズ 143.7×71.5×10.5mm
本体重量 145g
ディスプレイ 5インチ(1280×720ピクセル)
プロセッサー クアッドコアプロセッサ 1.2GHz
内蔵メモリ ROM:16GB/RAM:2GB
外部メディア microSDXC/microSDHC/microSD

ZenFone 5との違いは

ZenFone 5との大きな違いはカメラの性能。
背面カメラ800万画素から1300万画素へ、前面カメラも200万画素から500万画素へとアップ。

また、製品名にもなっているLaserが意味するレーザーオートフォーカスを搭載。
暗くてピントが合わないような場所でも、自動的に焦点を合わせることができます。

ディスプレイも、「フルラミネーションディスプレイ」の採用により、透過性がアップ。
もともと良かったタッチの反応も、さらに向上しました。

ZenFone2 Laserのイメージ動画

こんな特徴も

他にも

・バッテリーの容量が少し増えた(メーカーに限り交換も可能に)
・デュアルSIMに
・CPUの性能がアップ

など。

連続通話時間や待受時間が伸びているのは嬉しいことですが、デュアルSIMに関しては切り替えは可能なものの同時に使えないですし、CPUも体感できるほどの大きな性能アップではありません。

実感できるのはカメラくらいと思って良いのでは。

こんな人におすすめ!

格安スマホの中では、初めての方から乗り換えの方まで幅広くオススメできる端末です。

ASUSはPCのマザーボードで超有名なメーカーですから、低価格なスマホであろうと「安かろう悪かろう」ではなく、しっかりした作りであることは前機種と同じ。

人気機種だけに、取り扱うMVNOも幾つかありますが、当サイトでは速度にも定評があるDMMmobileをおすすめします。

なお、価格が安い8GBモデルは楽天モバイルの独占販売の為、少しでも安いほうをお求めなら楽天もアリです。(8GBモデルはバッテリー容量は少なくなっているので注意してください。)

とにかく、“使いやすい・快適”が印象で、どなたでも安心して使える仕上がりになっています。

【このスマホを提供するDMMmobileについてはこちら】

↓SIMフリーを選ぶなら”断然”DMMモバイルがおトク!!!