バッテリーの持ちがかなり良いAscend Mate7

SIMフリースマホの中でユーザーの満足度が高い【Huawei(ファーウェイ)】のAscend Mate7

オクタコアやIPS-NEO液晶、指紋認証といった今までのSIMフリースマホにはあまり搭載されていない機能が満載。
内蔵メモリは2GBながら、高パフォーマンスを実現するバランスの良い端末となっています。

「SIMフリースマホもここまできたか。」と思わず感心してしまうデキとなっており

“オススメ”の1つになります。

Ascend Mate7を語る上で、まず欠かせないのがバッテリー持ちの良さ。
6インチ、オクタコアといえば、減りも心配になってしまいますが、全く問題ありません。

中国製のスマホの今までイメージを覆すほどの圧倒的な持ちの良さ。

そこそこ使っても2日は大丈夫です。

これほどまでの持ちはキャリアスマホでもお目にかかればいレベル。
この点はユーザーも大絶賛しています。

【このスマホを提供する楽天モバイルについてはこちら】

Ascend Mate7
カラー:オブシディアン・ブラック/ムーンライト・シルバー

端末代 (2GB) 35,800円(1,611円×24回)
(4GB) 45,800円(2,061円×24回)

【スペック】

OS Android 4.4
サイズ 157×81×7.9mm
本体重量 185g
ディスプレイ 6インチ(1920×1080ピクセル)
プロセッサー Hisilicon Kirin 925 4×1.8GHz + 4×1.3GHz + 1×230MHz(オクタコア)
内蔵メモリ ROM:32GB/RAM:2GB/16GB
外部メモリ microSD

今までのSIMフリースマホには無い機能

まだクアッドコアが多い中、1つのCPUパッケージに8個のコア(CPUコア)を持つ“オクタコア”を搭載。
純粋に処理スピードもあがり、パフォーマンスは折り紙つきです。
音楽を聞きながら検索したりLINEしたりなどマルチタスクでは威力を発揮します。

ディスプレイも日本製であるIPS-NEOディスプレイを採用。
どの方向から見ても輝度や色の変化が少ないIPSディスプレイですが、さらに黒の画質にこだわった技術がIPS-NEO。
これにより、光漏れを低減し更に高画質を実現しました。

キャリアのスマホも相当キレイですが、これを見るとビックリするのではないでしょうか。

他にも、iPhoneに搭載されている指紋認証も搭載。
ロック解除が簡単になり、パスワードも覚える必要がありません。

このように他のSIMフリースマホには無い機能が沢山です。

Ascend Mate7のイメージ動画

弱点もしっかりカバー

オクタコアといえば、気になるのが発熱。
処理できる数が増えるとその分負荷がかかり発熱が高くなるのですが、Ascend Mate7についてはその心配なし。

実際、重いゲームだと発熱する機種が多い中、驚くほど熱くなりません。

また、6インチともなると片手で持つにはギリの大きさ。
当然持ちにくそうですが、丸みの帯びた背面で絶妙にフィット。
ただ丸みを帯びているだけではなく、よく計算されたラインになっています。

だからと言って片手で操作できるかといえばキツイですが、そこは設定やアプリでカバーしましょう。

こんな人におすすめ!

ゲーム好きには持ってこいの端末。

5万円近くする価格はSIMフリースマホの中では高めな方ですが、デザインや質感、ディスプレイ画質、操作感などの完成度は高く、キャリアスマホに負けないくらいの実力を兼ね備えています。

ですから、「キャリアスマホからの乗換えが心配だ」という方も大丈夫。

楽天だとサービスが豊富ですし、Ascend Mate7も他社より安く購入できるのでオススメです。

【このスマホを提供する楽天モバイルについてはこちら】






↑ポイントもついてお得!Ascend Mate7も安い【楽天モバイル】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする