格安スマホの回線は

スマホを契約する場合、ドコモやau、ソフトバンクへ行って、スマホの購入と通信契約をすることになりますが、格安スマホの場合は、他の通信業者(MVNO)と契約することになります。

そうなると、

「どんな回線を使っているの?」

と気になりますが、結局は一般的なスマホと同じ、大手携帯キャリアであるこの3社から回線を借り受けてサービスを提供しています。

ただ、ドコモ回線を利用している業者がほとんどなので、au系を使いたければ「mineo(マイネオ)」、ソフトバンク系なら「Y!mobile(ワイモバイル)」のみの選択に。


ドコモはXi(クロッシィ)とFOMA回線


もともとau系、ソフトバンク系のスマホを使っていた人が、同じ系の格安スマホを選んだからといってもサービスや割引が引き続き継続されるわけではないので、機種変の感覚とは違います。

格安スマホに変えた時点で新規扱い(電話番号は引き続き継続できる)ですから、回線にそれほどこだわりが無ければ、料金が安いドコモ系がおすすめ。

ちなみに、ドコモ回線は、LTE通信がXi(クロッシィ)回線、3G通信がFOMA回線であり、この2回線で人口カバー率100%ですから、安心して利用できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする